ちゃんまのソウル旅

西村をウォーキング

ナンピョンと行くソウル旅で利用させていただいている、
Visit Seoulの解説付きウォーキングツアー
歴史的なことを解説していただきながらのウォーキングはやはり違います。
自力で歩くよりも有意義ですし、無料ですし、
ガイドさんと触れ合うことができるのも魅力なウォーキングツアーです。

今まで利用させていただいたレポは、
・北村韓屋村コース⇒北村韓屋マウル
・駱山城郭コース⇒東大門からソウル城郭歩き

今回は、西村を歩きたくて、西村韓屋村コースを申し込みました。
ホテルから集合場所の景福宮駅まで、市庁(シチョン)光化門(カンファモン)を通って
ずーっと1本道。30分歩いて行きました。

朝の市庁(シチョン)広場。広くて気持ちいい!お花がきれいに植えられています。

10263253_753044598063415_208270104_o

10263424_753044748063400_1540245907_o

光化門(カンファモン)
手前がイ・スンシンの銅像、奥が世宗(セジョン)大王、その向こうに見えるのが景福宮。
その後ろにそびえたつ山が、北岳山(プガッサン)と北漢山(プッカンサン)です。

10174349_753047628063112_1653571667_o

PM2.5の影響でかすんでいますね。韓国では、微細粉塵(ミセモンジ)と言うそうです。

数年前に北村韓屋村コースを歩いたのも日曜日で、十数人という多人数でしたが、
今回、日曜日にも関わらず、集合場所に行ってみると、私達二人だけということでした。
やはり、それだけ日本人観光客が減っているのでしょうか。

コースは、景福宮駅 – 通義洞(トンウィドン)の白松 – 通義洞韓屋村 – 通仁(トンイン)市場 – 玉仁洞(オギンドン)ユン氏家屋 – 玉流洞(オンニュドン) – 培花(ベファ)女子高校 – 社稷(サジク)公園 – 景福宮駅

徒歩観光コースのルートマップ

途中で1箇所、個人的に行きたい場所があり、そこに時間を費やしてしまったので、
培花(ベファ)女子高校と社稷(サジク)公園は省いていただくことになりました。

通義洞(トンウィドン)の白松

10178583_753054781395730_86757201_o

通仁(トンイン)市場

10173271_753065914727950_1394159649_n

通仁(トンイン)市場には、昨年3月の旅でも個人的に来ましたが、
南大門市場や広蔵市場とは違い、こじんまりとした静かな市場です。

50年以上の歴史があるという、このトッポッキやさんが有名みたいです。

10174234_753066238061251_346873853_o

そして、最近よく取り上げられている「お弁当カフェ」
通仁市場にあるいくつかのお総菜やさんで、ビュッフェのように好きなおかずをお弁当箱に
入れてもらって、そこで食べても良し、持ち帰っても良しというシステム。

10245182_753066761394532_940470554_o

昨年来た時は夕方だったからか、お弁当箱を持った人達が群がってましたが、
今回は午前中のせいか、ひっそりとしています。
いつかまた、友達と来て、お弁当カフェを利用してみたいです。

玉仁洞(オギンドン)ユン氏家屋

10252986_753078581393350_510761693_o

10262385_753078918059983_1175871576_o

玉流洞(オンニュドン)

IMG_0254

ここで一休みしていたら、突然ナンピョンが興奮気味に、「最高だ、イ・スンシン」で
登山に行くシーンで出てきたのはここだよ!と言い出したのですが、そうかな?
そう言われてみればそうだったような気もするという…

10267090_753076108060264_874828717_o

たまたま通ったここ、最近のドラマで見覚えが?!と思って、
写真に撮っておいたのですが、今調べてみたら、やはりそうでした!
TWO WEEKSで出てきたんでした~。イネが監禁されていた場所でした。
「チベット博物館」です。

10255140_753077048060170_1291669831_n

このあと、ガイドさんについて歩いていたら、行きたかった場所「テオ書店」が突然目の前に。
次の記事へ⇒知る人ぞ知る「テオ書店」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です