ちゃんまのソウル旅

パンケーキショップ in ソウル

疲れた私たちは、解放村からマウルバスでノクサピョン方面へ。

パンケーキ大好きな私は、事前に今回の滞在地の近くに位置している、美味しくてオシャレなパンケーキ店をNEVER地図で探しに探して、このお店には行ってみたい!と目星をつけていたパンケーキ店です。

場所は、緑莎坪(ノクサピョン)駅から徒歩5分ほど。この建物の3階。目立たないので、ふらっと立ち寄るという感じではなく、知ってる人しか行かないお店かもですね。

良い気候だったので、ルーフトップに上がりました。
ソウルタワーも見えるし、眺めが良いです。ここ、あまり知られてない穴場かもしれません。

肝心のパンケーキは、1つでパンケーキ3枚重ね。デザートならば3人で1つでちょうどいい量でした。ふわふわしていて美味しい~♡

注文したのは、メニューの3.Outella 110,00w(1100円)
チョコミックス&チョコクリーム&バタークリーム&クッキーチョコシロップ&オリジナルシロップですね。

ここでちょっと余談です。韓国友に言われて、なるほどと初めて認識したことがあります。
日本では、どこにでも当たり前にある「コーヒー」とか「ブレンド」というメニュー。韓国のカフェやコーヒーショップでは、「コーヒー」というメニューはなく、「エスプレッソ」か「アメリカーノ」になります。「アメリカーノ」はエスプレッソを薄めたもので、日本の「アメリカン」とは別物です。

私はブラックで飲むので、いつも韓国ではアメリカーノを注文して美味しくいただいています。
ここで同行の日本友がアメリカーノを注文したんですが、お砂糖とミルクが無いと言って、もらいに行ったんですね。すると↓↓のような、一人分にしては大量のミルクと、お砂糖ではなくシロップを入れてくれました。それを見て、韓国友曰く、「このお店の店員は良心的だ」と。韓国では、アメリカーノにミルクやお砂糖を付けるという概念が無いそうです。甘いコーヒーが飲みたければ、アメリカーノではなく、カフェラテを注文するのが普通ということ。なるほど、そうなんだ~と思いました。

韓国では、日本のように小さなコーヒーカップにお上品に入ってるのではなく、普通でビッグサイズです。味は、私は日本のコーヒーよりも韓国のアメリカーノのほうが好きです。

お店のインスタ:https://www.instagram.com/pancakeshopseoul/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です