ちゃんまのソウル旅

108空の階段が工事中だった!

NHKの番組”ニュースな街に住んでみた”の中で紹介された”108空の階段”
この階段は、日本統治時代に建てられた南山の神社へ上る石段として作られました。当時はこの階段の上に日本人が住んでいたということです。神社は今はありませんが階段だけが残っています。当時の人々の心の痛みを感じる歴史の由来のある階段なのです。でも「ハヌル(空の)階段」という素敵な名前がつけられ、可愛い看板と門が設置されていますが、階段の由来についてはどこにも説明が無いということ。

番組のショット↓(2018年2月)

実は、ここは、5~6年前からずっと訪れてみたかった場所なんです。いろいろな韓国ドラマのロケに使われていたからです。最近見たドラマにも出てきて気になっていたところ、草彅さんがここに行かれたこともあり、やっと行けることになり楽しみにしていました。

しかし、行ってみてビックリ!ショックなことに!階段が掘り起こされてしまっていたのです~。(2018年4月1日)

片方の階段は使えるので上ってみました。
階段の上から見た景色。

真ん中に植栽があって両側に階段があったので、片方の階段を工事した後はもう片方も工事されるんでしょうね。可愛い門や看板や植栽も無くなっていました。見慣れた階段の姿が見れなかったのは残念ではありますが、これも歴史は動いていくということなのでしょうね。どのような階段に生まれ変わるのか、ここもまたいつか訪れてみたいと思いました。

ここに着くまでにちょっと立ち寄った場所があります。
草彅さんがソウルに行って番組の撮影をしたというニュース記事で紹介された写真がこれ。(2018年2月)

ここは、ヘバンチョンのどこなのか?というのが気になり、NAVER地図のビューで、写真に見えているソウルタワーの位置だけをたよりに探して見つけました。

なんでもない場所ですが、ここで写真撮影(^-^)(2018年4月1日)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です