ちゃんまのソウル旅

解放村の革工房の職人さんに遭遇!

NHKの草彅さん出演”ニュースな街に住んでみた~韓国編”は、いろいろと考えさせられる番組でした。その中で、草彅さんが出会ったこの新興市場(シンフンシジャン)の革工房の職人の方の前向きな言葉がいちばん印象に残りました。その方に会えるとは思ってなかったんですが、思いがけずお会いしてお話することができました。

番組のショット↓

この新興市場にあるお店だとは思っていましたが、詳しくはわからずに歩いていました。韓国友が「あの人、つよぽんと一緒に写真に写っていた人じゃない?」ほんとだ、あの番組に出ていた皮職人さんが、カフェで立ってコーヒーを飲んでいらしたんです。
ずうずうしくも私たちはお兄さんに声をかけさせていただきました。「日本で放送された番組を見て来ました。草彅さんのファンです」
お兄さんはとても喜んで下さって、お店に案内して下さいました。

お店の名前は”Ive Leather Goods”
お店のInstagram:https://www.instagram.com/ive_goods/

お兄さんは草彅さんのことを「つよしさん」と言ってらっしゃいました。つよしさんに革のカードケースの注文を受けて作らせていただいたこと、通常は1週間ほどかかるところ1日で仕上げた、大変だったなどとお話して下さいました。
つよしさんの人柄をとても褒めて下さってましたね~お話してファンになったと。

皮職人さんは番組の中で
「長い歴史をもつ解放村(ヘバンチョン)に若い人達が入り込むことで歴史は続いていくと思います。新しい歴史が重なって新しい色が足されていくんです。」
とおっしゃいました。共感しました。深くて重い歴史を持つ解放村ですが、そこに若い人達が新しい風を吹き込んでいくことで新しい街へと遷り変わっていく。

私は「番組でとてもいいお話をして下さって感動しました。ありがとうございます。歴史は深いけど、新しい色を足していって歴史は続いていくとお話して下さったじゃないですか~そのお話がとても心に残りました。」拙い韓国語ですが、咄嗟にしてはよくしゃべれたなと思います(笑)

皮職人さんの言葉は、韓国と日本の関係性も示唆しているようにも思えました。重い歴史の問題を抱える日本と韓国ですが、振り返ってばかりいても解決できないし前に進めないと思うんです。若い人達が新しい良い関係を築いていって新しい日韓の関係が出来ていくことで良い方向に進んで行ければいいと思うんですよね~と、胸にある思いを職人さんにお話したかったところですが、残念ながらそこまでの韓国語力はありませんでした(^^;)

韓国友が気を利かせて下さって、韓国友にプレゼントしたこの本を「革職人さんにあげてもいい?」ということで、差し上げることになりました。お互いにスマホで写真を撮り合って、お互いに「カムサムニダ」「チョヤマルロ(こちらこそ)カムサムニダ」と何度も言ってお別れしました。温厚でとても感じのいいお兄さんでした。

ほんとだったら、ここで何か革製品のオーダーをすれば良かったのでしょうけど、私には高級すぎて購入できず、ごめんなさいでした。

2 thoughts on “解放村の革工房の職人さんに遭遇!

  1. サンタ

    すばらしい旅のご様子を知ることができて嬉しかったです。
    どうもありがとうございます!!

    1. chanma Post author

      サンタさん、コメントありがとうございます。
      剛くんが番組の収録を通じて韓国の方々の思いを受け取って考えたことがいろいろあると思うんです。その思いを剛くんが今後お仕事としてやっていただけたらいいな~というのが私の願いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です