ちゃんまのソウル旅

南山コル韓屋村(ナムサンコルハノクマウル)

南山韓屋村は、南山の北側の裾に位置する、韓国の伝統的な庭園や家が集められた村です。
朝鮮時代の貴族の屋敷や庶民の家などが集められ、
ソウルの昔の姿が復元されていて、当時の生活の様子を見ることができます。
旧正月・秋夕(旧盆)・冬至などには、韓国伝統民俗イベントも開催されます。

奥に進んでいくと、タイムカプセル広場というのもありました。
現在の市民の生活の様子やソウルの姿を表す600点の品をカプセルに納め、
400年後の千年記念の際に文化遺産として定める予定にしているそうです。

場所はソウルの真ん中、明洞の隣の忠武路(チュンムロ)駅を上がったところに入口があります。
アクセスが便利なので、ちょこっと時間が空いた時に立ち寄ることもできますね。

無料で日本語ガイドを受けられますので、その時間に合わせて行くのがオススメです。
専門家による歴史的な解説が聞けて、効率的に回れます。
日本語ガイド:月、木、金、土(12:00)/木、金、土(15:30)
所要時間:約30~40分

このページ(Visit Seoul)で仮想パノラマツアーを見ることができて、南山韓屋村の概要がよくわかりますよ。

場所:地下鉄3、4号線「忠武路(チュンムロ)駅」3番または4番出口より徒歩約5分
営業時間:4~10月:9:00~21:00/11~3月:9:00~20:00
休業日:毎週火曜日(ただし、火曜日が公休日の場合はその翌日)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です