ちゃんまのソウル旅

青瓦台(チョンワデ)の前の道を通る

4日目のお昼を終え、友人二人は帰国。これからは一人です。
景福宮を挟んで右側(東側)が三清洞&北村、左側(西側)が西村になります。
この北村と西村、どちらも好きな街なので、歩いて行き来したいのですが、
景福宮の下を回ると30分かかります。
景福宮の上の道を回ると、地図上では20分と出るので、
今回初めて、上の道を通ってみることにしました。

景福宮の上ということは、青瓦台(チョンワデ/大統領官邸)の入口の前を通ることになるので、警備の警察官達が数メートルおきに立って監視しています。
朝9時半頃、北村から西村へと地図を片手に向かっていると、
警察官が「どこに行くんだ?」と韓国語で聞いてきました。
手に持っているものを見せろという手ぶりで。
持っている地図を見せて、「このゲストハウスまで行きます」と韓国語で。
すると、通れという合図。
ほんと、偉そうだな~別に通行禁止の道を歩いてるわけでもないのに。
こんな可愛いおばさんをつかまえて(・_・;)
いってらっしゃいの一言くらいあってもいいんじゃないかと(・_・;)

青瓦台の門の前まで来て驚きました。
観光バスが次から次へと何台も来るのです。
止まったバスからはぞろぞろと人が吐き出されていきます。
皆 中国人です。その人数たるや100人、200人ではありません。
あふれかえった中国人観光客の間をかきわけて、可愛いおばさんが通っていきます。

西村で友達と別れ、北村に帰るお昼過ぎ、13時半頃。
反対方向ですが、同じく青瓦台の門の前を通ります。
驚いたことに、朝と全く同じ光景!
またまた何台も何台も観光バスが止まっては中国人であふれ…
ほんとにほんとに驚きました。
街中を歩いていても、中国語がよく飛び交っているので、
中国人観光客が多いことは認知していましたが、これほどまでとは!
一日で青瓦台に一体どれだけの中国人が訪れるのか?
私が見ただけで、1000人は超えていたと思います。

そういえば、今回日本人韓国客にはほとんど出会わなかったな~
英語圏、中国語圏の観光客ばかりでした。

朝の景福宮西側(西村側)の道。
ここまで来ると、人がいなくて静かです。

10459933_786421858059022_396594164_o

青瓦台(チョンワデ)手前の噴水広場です。

10478339_786490504718824_1267618077_o

ここにも警察官がいっぱいいて、常に監視されている感じ。

10422659_786489358052272_80246482_o

向こうに見える山が、昨年登山した北岳山(プガッサン)
青緑色の屋根が青瓦台、大統領官邸です。
ちなみに、青瓦台には全く興味がないので、今後も見学することはないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です