ちゃんまのソウル旅

2013年2月のソウル旅レポ

あまりにも久しぶりのブログ更新です。
昨年の5月にソウルに行った後、行ってなかったのです。
2月2日から2泊3日でソウルに行ってきました。
今回のソウルは、ソウル国立劇場で上演された「ぼくに炎の戦車を」という
草なぎ剛とチャ・スンウォンの舞台の千秋楽を観るのが目的でした。

この舞台は日本で昨年11月~12月上演され、
韓国でも同じキャスト、同じ内容で1週間ほど上演されました。
草なぎ剛とチャ・スンウォン、両方のファンである私は、日本でも2回観たのですが、
韓国での舞台をどうしても観たくて…
でも、ソウルは一番寒い時期、それに、一緒に行く友人が見つからず一人旅になるので
迷いに迷ったあげく、どうしても我慢ならず、行くのを決めたのは、旅の3~4日前でした。

舞台を観る目的だけの旅なのでお金をかけたくなく、極力安く行こうと調べに調べました。
直前の予約でしたが、オフシーズンなのでホテルは安く取れました。
ソウルには、一番安いという理由でANAで行くことが多いのですが、
今回は、どういうわけかわからないのですが(そこらへん勉強不足です)
お昼すぎに発ってお昼すぎに帰る便ではJALが一番安かったので、JALにしました。
ホテルは、立地が良いところで三ツ星(1級)ホテルで一番安くとれるホテルにしました。

同じホテルでも、いくつかのホテルサイトとANAやJALのパッケージの値段を比較します。
ホテルサイトで、そのホテルがキャンペーン期間で50%オフだったりすることもあるので、
同じホテルでも、びっくりするほど値段が違うというのはよくあることです。
今回、飛行機はJALで、ホテルはExpediaで予約。2泊3日で5万円ほどでした。
飛行機が早朝や夜遅い便ならもっと安く行けるのですが、
私は、お昼前後に出発して、帰りはお昼~夕方に出発というところだけは譲れないのです。
何故ならば、それが体が楽だし、時間を有効に使えて余裕が持てるからです。

今回泊まったホテルは、鍾路三街のチョンゲチョンの前にあるサットンホテルです。

こじんまりとしたホテルですが、写真のように、夜はイルミネーションで可愛い感じです。
レストランはありませんが、1階にコンビニがあり、便利です。

室内もシンプルでこぎれいで、バスタブもありますし、問題はありません。

でも… 私は、このホテルには二度と泊まらないと思います(汗)
何が問題だったかというと、従業員の対応があまりにも不親切だったということです。
借りたいものがあったり、室内にあるべきものが無かったり、エアコンがきかなかったり
ということがあり、何回かフロントに尋ねることがあったのですが、
ソウルのホテルで、こんなに不親切な対応をされたのは初めてでした。
人手が足りなかったのか?たまたまタイミングが悪かったのかもしれないのですが、
フロントの人に冷たくあしらわれたので、困ってしまって
廊下にいたお掃除のアジュンマに聞いてみたのですが、
こっちがアンニョンハセヨと言ってるのに、アンニョンハセヨもなく、
質問したことに対して、めんどうくさそうな顔でタメ口で返されました。
従業員の教育ができてないということでしょうか。
立地が気に入ってるのに、本当に残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です